お役立ち情報

「みなさん、いくらの住宅ローンを組んでいますか?」という質問は意味がない

先日子供と習い事の話をしていた福田です。
そんな中、ふと自分の子どものころを思い出しました。
私自身、保育園の時にピアノ教室にどうしても通いたかったので、母に「ピアノ教室に通いたい」とお願いをしました。
我が家にはピアノも当時はなかったし、置く場所だってなかった。
でも「みんなやっている」というお決まりの文句で押し通そうと懇願しました。
そんな私に母は「みんな、って何人?誰?」と。
とっさに出たピアノを習っているという2~3人の名前を挙げ、母には「2~3人はみんなとは言わない」と一蹴されつつも、
私の希望をかなえてくれ、無事高校3年生までピアノ教室を続けさせてもらいました。
でも今はもう弾けません…母よ…すまん…。

過去考えれば「みんな持ってる」「みんながやってる」ってすごく言ったなぁ…。と。
大人になってからも「全米が泣いた」とか「全米が震撼した」というキャッチコピーにふらふらと寄って行ってしまう…。
これ、日本人の性質なんじゃないかと最近思ってきました。

というのも、おうちの相談窓口にいらっしゃるお客様からもよくそんなキーワードが出るのです。
相談窓口にご相談にいらっしゃる方はほとんどが初めての家づくりの方。
初めてだからこそ、何をしたらいいかわからない。
何が分からないかもわからない。

だから「みんな」がどうしているのかが気になる。

すっごくよくわかります。そのお気持ち。
気になりませんか?
「みんな」がどのくらい借入していているのか。
「みんな」が毎月どのくらい返済しているのか。

「平均 収入」とか「平均 借入額」とかで検索したことありませんか?

私はしたことあります!
が、実はこれ、一番危険な考え方なのです!!

 

■どうして「みんな」を気にするのは危険なのか

 

例えば、年収が同じ人。
もちろん同じ金額の住宅ローンを借りられます。

でも…
同じ収入のAさんとBさん。
ご家族形成は全く違い、、
Aさんご夫婦はお子さんは設けず、2人で共働きを続けていくDINKs(ディンクス)で生きていこうという人生設計。
(DINKs(ディンクス?)とは、「Double Income(共働き)No Kids(子どもを持たない)夫婦」を示す言葉です。)
またBさんご夫婦はお子さんは最低4人は欲しいと思い、実際その夢をかなえて4人のお子さんがいらっしゃるという家族構成。

さて、このAさんとBさん。
借入出来る金額は一緒ですが、同じ金額を借りるでしょうか?

 

 

 

 

 

というと答えは × ですよね。

お子さんがいる、または人数によってもお子さんにかかる生活費や教育費などによって変わってきます。
私がBさんなら子どもの教育費用も考えて家づくりをしていきたいので、
仮に収入が同じAさんと同じ分だけ借りられますよ!と言われても
Aさんと同じ金額のローンは組まないです。

つまり、「みんながいくら返済しているのか」や「みんないくら借入しているのか」は
ご家庭のご事情やどんな未来にしていきたいか、何を優先させていきたいかによって違ってきます。

そうです。
「みんな」は「あなた」ではないのです。
あなたが、どんな未来にしていきたいか。だからいくらの借入にするべきなのか は
「みんな」の意見や平均値、中央値を気にしても決められないのです。


家づくりは「あなた」が主役だからです。

 


■主役のあなたはどうしていくといいのか

 


いきなり主役といわれても。初めての事で右も左もわからない。
いきなり「どんな未来にしていきたいですか」って言われても…。そんなこと考えたの進路を考えた時ぶりだ、と私はなっちゃいます。
今日の夕飯を何にしようかでも迷っちゃうのに。


そんな時は、頼れるパートナーを見つけるといいです!

例えば、頼りになる住宅会社の営業さん。
住宅会社の営業さんは言わば住宅を建てる方のお手伝いをするプロです。
いろいろなご家族、いろいろなお客様、いろいろな主役の方の幸せになれる家づくりをお手伝いしている黒子さんです。
つまり、いろいろなケースやいろいろなお考えのお客様に精通しているのです。

土地選びで考えてみましょう。
どんな土地が良いですか?
例えば…
「家族みんなが集まるリビングは団らんできるよう、明るくて日当たりの良い場所にしたい!」とお考えだった場合。


南側に向いている土地だと明るいぞ!と考え、土地探しは南側が空いている土地を探します。

これが俗にいう「南向き土地信仰」です。

ですので、同じ分譲地の中でも、北向きの土地と南向きの土地でも坪単価が違い、
同じ大きさでも同じ形でも、方角が違うだけでお値段が高い!なんていうこともあります。
やっぱり、南向きの土地は人気なんですね~。
南向きの土地だったら、こんな感じ??

でもでも…南向きの土地だから、かつお車をほぼ一人1台持つ長岡だからのデメリットも。

それは、南向き!明るい!と思って大きな窓をつけますが、、
その窓から見えるのはご自身の車 だということ。
お車の駐車スペース…必要ですもんねぇ…。

また、お庭が作れても、
通りに面しているためお洗濯が干しにくい
バーベキューしていると家の前を通る人の行き来が気になるなんていうデメリットも。
お庭スペースが道路に向く南向きの土地の宿命ですね…。

 

 

例えばこんな感じなら、
北向きの土地も捨てたもんじゃないんです!

北側に駐車スペースを寄せて、南側をしっかりあけてお庭スペースを作ることも!
(ちなみにこのイラストの土地の大きさは南向きの土地と同じ大きさです!)
これでリビングの日当たりも確保でき、
さらにはお庭が道路に面さない、プライベートなスペースに。
お洗濯を干しても、お庭でプールを作っても道路からの視線は気になりません。


これはほんの一例ですが、
こんなことを頼れるパートナーの住宅会社の営業さんは提案してくれます。

なぜ、これが出来るか、というと
住宅会社の営業さんはたくさんのお客様とお話しして何百棟とおうち作りをお手伝いしている
「住まいづくりのプロだから」です。


■そのプロとどうやったら出会えるの?

 

以前のブログでも記事にしましたが、
パートナーになる担当さんは本当に大事。
あなたにとってどんな人がベストパートナーでしょう?
良い担当者と出会うには?1
 良い担当者と出会うには?2をご覧ください


・いきなりモデルハウスはハードルが高い
・どのモデルハウスを見たらいいかわからない
・確実に良い担当者に巡り合いたい
・そもそも 家づくりは何からしたらいいの?
・住宅会社さんに行く前に、予算の相談にのってほしい

そんな方は是非、おうちの相談窓口をご利用ください!!!
中立公平なおうちのことを何でも相談できるスタッフがお待ちしております。

ご予約はこちら

おうちの相談窓口のサービスってなぁに?知りたい方はこちら

お気軽にご連絡ください。

0258-21-3751 025-374-4280